ニキビを改善するのに効果的な栄養素というのが存在しています。「ビタミンCはニキビの改善や美肌には必須の栄養素である」という言葉をよく目にしたり、耳にすることはありませんか?

ビタミンCとは栄養素の1つで、抗酸化作用を持っていて皮膚や粘膜の健康状態を維持してくれます。

食事で摂るのがいいのか、サプリがいいのか、美容液で浸透させるのがいいのか。ちょっとわかりにくいですよね?

ニキちゃんニキちゃん

どのように摂取すればいいの?


ビバくんビバくん

正しく摂取する方法を詳しく解説するビバ!

多くの人が「ビタミンCは肌に良い!ニキビに良い!」と理解しながらも、正しく摂取する方法を知らないばっかりにビタミンCの持つ素晴らしい効力を最大限に引き出せていないのです。

そこで今回はビタミンCを正しく摂取する方法をご紹介します!

ビタミンCの役割と特徴

まずは美肌やニキビに効果的な栄養素であるビタミンCにはどのような役割があって、どういった特徴を持っているのかご紹介します。

ニキビに良い役割

ビタミンCは血液をサラサラにする抗酸化作用があり、血液やリンパの流れを良くしてくれます。血液やリンパの流れが良くなると老廃物の除去が正常に機能して、皮脂汚れをなくしてくれます。

また、肌荒れやニキビに悪影響をおよぼす活性酸素から肌を守る役割があり、ニキビの炎症を抑えたり、肌の生まれ変わりをサポートしてくれます。

そのためニキビ自体の改善やニキビ跡にも効果があり、ニキビを治すうえでは欠かせない栄養素です。

成分の特徴

食事として体内から取り入れるのも必要ですが、化粧水や保湿ケアなどで外部から肌に直接成分を浸透させる方が、ビタミンCが持つ効力をよりニキビ改善に発揮できるという特徴があります。

つまり、中からも外からも肌に積極的に取り入れるようにするのが必要となってきます。

そんな優秀なビタミンCですが、摂取に関して注意点が2つあります。

ビバくんビバくん

これからご紹介する2つのポイントに注意しながら上手に摂取するビバ!

摂取する時の2つのポイント

ビタミンCの特徴として2つのネガティブな面があることも一緒に覚えておいてください。

ビタミンCの良くない特徴
  • 体内蓄積しない栄養素
  • 大量摂取すると下痢になる

体内蓄積しない栄養素

ビタミンCはわたしたちの体内で蓄えておくことができない栄養素なのです。そのため飲食物からこまめに摂取する必要があります。

毎回の食事で必ず摂取するようにしたり、食後のデザートとしてビタミンCが入ったフルーツを食べるという方法がもっとも効果的で面倒ではないと思います。

一度に大量摂取しない

一度に大量に摂取すると下痢などの症状を起こしてしまい、せっかく摂取したビタミンCはおろか、一緒に水分まで排出してしまう恐れがあります。

大量にビタミンCが配合されたサプリメントや栄養ドリンクなどで摂取するよりも、3度の食事で効果的に取り入れるほうが良いです。

ビタミンCを多く含む食品

最後にビタミンCが豊富に含まれている食品をご紹介します。

あまり知られていませんが、焼き海苔にもビタミンCは豊富に含まれています。3度の食事に手軽に取り入れやすいのでおすすめです。

代表的な食材
  • 海苔
  • 赤ピーマン
  • ゆずの皮
  • アセロラ(ジュース)
  • パセリ
  • 芽きゃべつ
  • レモン
  • ピーマン
  • ケール
  • ゴーヤ
  • キウイ

まとめ

ビタミンCの役割と特徴、摂取するときのポイントをご紹介しました。簡単にまとめます。

  • 血液やリンパの流れをよくする抗酸化作用がある
  • 活性酸素から肌を守る
  • ニキビの炎症を抑える
  • 肌の生まれ変わりをサポート
  • 食事などで中から、美容液などで外から、両方からのアプローチが◎
  • 体内蓄積しないので注意
  • 一度に大量摂取しないよう注意

多く含まれる食材を効果的に食事に取り入れたり、適切な量が含有されたサプリを飲むことが中からのアプローチでは重要です。

外からのアプローチはビタミンC誘導体が配合された美容液などがおすすめです。

ニキビや美肌にとって欠かせない栄養素であるビタミンCを効果的に取り入れていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で