ニキちゃんニキちゃん

ニキビ跡で肌に赤みが残ったままになってるよ!どうしよ?


ビバくんビバくん

それならターンオーバーが乱れている可能性があるビバ!

なかなか治らないニキビ跡って、すごくおっくうですよね。肌の奥が赤くなっていたり、メラニンの働きで茶色や黒くなってしまうこともあります。

メイクで隠すのは、その場しのぎなので元を断ってしまわないとそのままずっと残ってしまう危険性もあります。

そんなニキビ跡を改善するには、肌のターンオーバーの乱れを正常にしてあげるのが一番効果的です。

では、どうすれば肌のターンオーバーは正常になるのでしょうか。

一緒に詳しく見ていきましょう!

ターンオーバーについて知る

ターンオーバーを正常に戻すと言われても、なんだか分かりにくいですよね。

まずはターンオーバーについての基礎知識を理解して、つぎに正常にする方法(=ニキビ跡を治す方法)を実践していくのがいちばんの近道になります。

ターンオーバーとは
ターンオーバーはすべての人の肌でおこなわれている現象で、皮膚が古いものから新しいものへと生まれ変わることです。

通常、28日間で新しい表皮(肌の表面)に生まれ変わります。

ターンオーバーの役割

肌のターンオーバーはなぜ起こるのでしょうか?

わたしたちの肌は常に、ホコリや紫外線など、外側からダメージを受けています。

肌の内部を守るために、表皮は存在していて、外部ダメージを防止する役割と、内側の水分が蒸発することを抑制する役割があります。

ターンオーバーが乱れるとどうなる?

肌のターンオーバーが乱れると古い皮膚の入れ替わりが遅くなり、ニキビ跡として赤くなったり、茶色く残っている部分が肌の内部で定着したまま残ってしまいます。

このような現象を「色素沈着」と呼びます。

それではどうすれば肌のターンオーバーを正常に戻すことができるのでしょうか。

その詳しい方法を見ていきましょう。

ターンオーバーを正常にするには

ターンオーバーを正常に戻すうえで、切っても切り離せないのが「成長ホルモンの分泌」です。

「成長ホルモン」は睡眠時に多く分泌されるホルモンで、わたしたちが毎日活動することによる疲れを癒してくれる役割があります。

再生を促してくれるホルモンという感じです。

成長ホルモンを上手に分泌させてあげれば、肌のターンオーバーを正常にすることができるので、ニキビ跡は改善されていきます。

成長ホルモンの分泌

ターンオーバーが正常に機能

ニキビ跡が改善

では、成長ホルモンの分泌をスムーズにする具体的な方法とは、どのようなものがあるのでしょうか。

ホルモンバランスを整える

成長ホルモンの分泌を促すには、ホルモンそのもののバランスを整えるというのが、いちばん効果的です。

そうは言っても、ホルモンというのものが何なのか、わかっているようでわからない部分が多くないですか?

ホルモンというのを簡単に一言で表現すると、「場所ごとで必要な量が決められている生きるための燃料」です。

ホルモンバランスを整えるというのは、必要な量を適正な数値に整えてあげるということです。

では、具体的に何をしていけばいいのでしょうか。その方法は、これから紹介する「ストレスの発散」、「睡眠時間の確保」、「食事のバランス」の3つをおこなうことです。

ストレスを上手に発散する

ストレスを受けずに生きることは無理だと思いますので、受けないように努力するのではなく、上手に発散する方法を見つけて実行してください。

ストレスが貯まった状態だと、人は交感神経というものが働いている状態になります。これは体が休まっていない状態なので、睡眠時に深い眠りにつけなくなるなどの悪い結果を招きます。

そうなると成長ホルモンの分泌が少なくなってしまい、ターンオーバーが正しくおこなわれなくなります。

ストレスを発散することにより、リラックスした状態でいる時間が長いとホルモンバランスは正常になります。

睡眠時間をしっかり確保する

成長ホルモンがもっとも多く分泌される時間は睡眠中です。

あなたにとってのベストな睡眠時間と環境(枕や布団などの寝具など)を整えてあげることが快適な睡眠を招き、正常なターンオーバーを促進してくれます。

さらに、成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのは眠りについてから90分間です。最初の1時間半の睡眠の質が成長ホルモンの分泌を大きく左右することになります。

寝る前にリラックスしたまま眠りを迎え、はじめの90分間で目を覚ますことがないように空調などを工夫するようにしましょう。

食事のバランスを整える

食事でターンオーバーを正常にするには、ビタミン全般が重要な栄養素になります。

ビタミンは体内で蓄積させにくく、すぐに体外に排出されやすい栄養素ですので、3度の食事で上手に取り入れるようにしてください。

以下の3つが成長ホルモンの分泌を促し、ターンオーバーの正常化に効果のある栄養素と食材になります。

ターンオーバーに良いビタミン
  • ビタミンC
    肌の生まれ変わりをサポート
    (代表的な食材:海苔、パプリカ、レモン、ゴーヤ、キウイ)
  • ビタミンB2
    ターンオーバーを調整する働き
    (代表的な食材:レバー、イワシ、納豆、まいたけ、モロヘイヤ)
  • ビタミンB6
    新陳代謝を促す
    (代表的な食材:レバー、かつお、マグロ、にんにく、抹茶)

正しい洗顔をする

毎日の洗顔によって、あなたの肌の表皮は生まれ変わりのために剥がれています。

正しい洗顔をすることにより、古い角質がちゃんと落ちていくのです。

ターンオーバーでは、肌の表皮がどんどんと剥がれていき、新しい皮膚が中から押し出されるようにして生まれ変わります。その進行を妨げないようにするため、正しい洗顔で古い皮膚を落としていく必要があるのです。

まとめ

  • ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わること
  • ターンオーバーのサイクルは28日間
  • 外側からのダメージを防止する役割
  • 内側の水分蒸発を抑制する役割
  • 色素沈着とはターンオーバーの乱れでニキビ跡が肌の内部で残ること
  • ターンオーバーを正常に戻すには、成長ホルモンの分泌が重要
  • 成長ホルモンのバランスを整えるには、ストレス発散、睡眠時間の確保、食事バランスを整えてあげる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で