ニキちゃんニキちゃん

ビバ君!皮膚科に行ったらこんな薬をもらったの。使って大丈夫?


ビバくんビバくん

どれどれ?これは抗生物質のルリッドだね!使うには注意が必要ビバ!

ニキビがひどくて皮膚科を受診して、お薬として抗生物質を処方された経験はありませんか?

その中でも高い確率で処方される飲み薬がルリッドという抗生物質です。もしくはルリッドの主成分である「ロキシスロマイシン」と薬には記載されているかもしれません。

でも、皮膚科の先生が勧めてくれたお薬だからと言って、信頼しきってそれを飲んでもいいのか不安に思いますよね。

処方されたルリッドという抗生物質を使用するのは、本当にニキビ治療に有効なのでしょうか。

今回は処方された抗生物質ルリッドを飲む前に知っておきたい特性や効能、使用方法、副作用などを紹介します。

抗生物質ルリッドを使っていいたった1つの条件

ルリッドを使用するには、1つだけ条件があります。

先に結論を言いますが、ルリッドは、炎症をともなうニキビが突発的にできてしまった人には効果的である場合が多いです。

あくまでも「突発的に」という部分が重要です。ニキビが慢性的にできる人には、ルリッドをはじめとした抗生物質を飲む前に是非とも知っておいて欲しいことがあります。

それはルリッドという薬が持っている特性にあります。いったいどんな特性があるのでしょうか?

ルリッドの特性

ルリッドは細菌を殺菌することによりニキビの炎症や化膿を予防・改善する抗生物質のニキビ治療薬です。

ブドウ球菌、レンサ球菌、アクネ菌などの細菌に有効で、これはルリッドの主成分であるロキシスロマイシンという物質の働きによるものです。

ルリッドは一般の薬局やドラッグストアでの購入は不可となっていて、医師の処方によってのみ使用することができる薬剤なんです。つまり、手軽に入手できない薬のため「効果が強い」もしくは「副作用の危険性がある」ということになります。

ルリッドの特注
  • アクネ菌などの細菌を殺菌する薬
  • 効果が強く、副作用がある

ルリッドがどういう薬かわかったところで、次にどのような症状に効果があるのか、正しい使用方法はどうするのか、また懸念される副作用は何なのかを見てみましょう。

ルリッドの効能・使用方法・副作用

ルリッドの効能

抗生物質ルリッドには、どのような症状に対して、どう働くのかというのをご紹介します。

働きは以下の6つになります。

  • ニキビの原因となるブドウ球菌やアクネ菌の増殖を阻止する
  • 主成分ロキシスロマイシンは感性の細菌を殺菌する
  • 表在性/深在性の皮膚感染症を予防、改善する
  • 静菌作用でニキビの炎症や化膿を予防、改善する
  • ロキシスロマイシンがタンパク質の合成を阻害する
  • 症状の原因となっている細菌の繁殖を抑制する

ルリッドの使用方法

ルリッドの使用方法は、1日に2回・1錠を服用するのが基本的です。

必ず皮膚科の先生の指示に従うようにしてください。

ビバくんビバくん

お医者さんの言うことは守ろうビバ!

ルリッドの副作用について

ルリッドは副作用が起こりにくい薬剤という位置付けをされています。ですが、副作用が出てしまう可能性はゼロではありません。

そのため、医師の処方が絶対条件になっている薬なんです。

以下のような症状が起こる可能性があるので、ルリッド服用には十分に注意が必要です。

吐き気、胃の痛み、軟便、下痢、発熱、腹痛、食欲不振、発疹、赤み、かゆみ、水ぶくれ

また、副作用というわけではないですが、ルリッドに限らず抗生物質を長期間に渡って服用し続けると、耐性菌という薬に対しての免疫となる菌が体の中で生成されてしまうことがあります。

そうなると、これまで効果のあったルリッドの作用が細菌に効かなくなってしまい、さらに強い薬を飲まないと細菌を退治できなくなります。

そのため私はニキビ治療に抗生物質を使うのは、あまりおすすめできません。

まとめ

  • ルリッドは炎症をともなう突発性ニキビなら使用しても良い
  • 慢性ニキビでお悩みの方は使用してはいけない
  • ルリッドにはアクネ菌などの細菌を殺菌する特性がある
  • ルリッドは医師の処方のみで、市販されていない
  • 1日に2回、1錠の服用が基本で、服用を始めたら医師の指示に絶対従う
  • 吐き気や胃の痛みなどの副作用が起こる可能性がある
  • 続けて使用することにより耐性菌ができて薬が効かなくなる場合がある

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で