ニキちゃんニキちゃん

黄ニキビを故意に潰すとどうなるの?


ビバくんビバくん

あとに残ってしまう可能性があるビバ!

黄ニキビを自分で潰してしまったり、または、自然と潰れてしまった時はどうすればいいのでしょうか?

正しい対処法を知らないとニキビ跡になってしまう可能性もあるだけに黄ニキビは厄介な状態なんです。

まずは黄ニキビの性質を知ることから始めていきましょう。そうすれば、おのずと潰れた時の対処法が見えてきますよ。

今回は黄ニキビの性質と、ニキビ跡として残さないための正しい対処法をご紹介します。

黄ニキビの性質と発生のメカニズム

黄ニキビ(化膿ニキビ)は、毛穴の中の炎症(赤ニキビ)が悪化した状態です。

ニキビが発生する原因は、皮脂が毛穴を詰まらせることにあり、この状態を白ニキビといいます。

そして詰まった毛穴の中で分泌され続ける皮脂を好物とするアクネ菌が異常発生して、その際に炎症を起こしてしまいます。この状態を赤ニキビといいます。

赤ニキビの状態が治らずにさらに悪化すると、過剰に発生したアクネ菌に加えて、黄色ブドウ球菌というアトピーなどの原因の1つになる菌も患部で増殖してしまいます。

それらの細菌を撃退する為に血液中の白血球が殺菌をおこなう為に炎症部分に集まり、その過程で崩壊した白血球や撃退された細菌などが膿となるのです。

その膿が肉眼でも確認できるような状態になるのが黄ニキビと呼ばれるものです。

黄ニキビは、一見すると肌の表面部分だけが黄色い膿を含んでいるので、表面だけで起こっている現象のように思えるかもしれませんが、実際には炎症が肌の深部(真皮層)まで生じている深刻な状態です。

潰れた時の間違った対処法2つ

膿が皮膚にとどまった状態は害にしかならず良くない状態なので、本来であれば黄ニキビは潰して膿を出してしまったほうが良いんです。

ですが、黄ニキビは真皮層にまで達する深い損傷なので、高い確率でニキビ跡として残る可能性があり、自分でつぶすとなると正しい方法と知識、そして器具が必要になってきます。

ビバくんビバくん

黄ニキビを自分でつぶすのはNGビバ!

皮膚科でも黄ニキビを潰す作業をするのは神経を使う難しいことなので、個人でこれをやるのは絶対に避けたほうが良いでしょう。

わたし自身、知識がなかった時には黄ニキビを潰した時のプチっという感覚が好きで頻繁に潰した経験があり、デコボコのクレーターニキビ跡にのちのち悩まされることになりました。

絶対に自分の爪などで押し出したりして黄ニキビを潰すのはやめてくださいね。さらに殺菌処理した針や爪楊枝などを使って黄ニキビを潰すのもやめたほうがいいでしょう。

とにかく黄色ニキビが発生したら、皮膚科を受診するようにしてください。

黄ニキビはなによりも目立つので、すぐにでも潰して目立たないようにしたくなる気持ちはわかります。それでも、ニキビ跡になって残る可能性が高いので、絶対に自分で黄ニキビを潰してはいけません。

ニキビ跡になった状態の皮膚を正常に戻す方法については『ニキビ跡改善の記事』を参考にしてみてください。

それでも潰してしまったり、潰さないように気をつけていても自然と潰れてしまうこともありますよね。そんな時は、以下の2点の行為をしないように気をつけてくださいね。

  1. 潰れた箇所を触る
  2. 必要以上に洗顔をする

なぜこの2つの行為がダメなのか、1つずつ見ていきましょう。

潰れた箇所を触るのはなぜダメなの?

黄ニキビが潰れてすべての膿が出たあとに透明もしくは少し黄色の液体が出てきます。この液体はやがて時が経てば乾燥して固まりますが、ついつい気になって触ってしまうことがあるんですよね。

固まった時の見映えは黄ニキビに匹敵するぐらいに不潔に見え、人と会うのが嫌になるぐらいに恥ずかしいんです。だから指先やティッシュなどで頻繁に拭き取ってしまいたくなりますよね。

でも、この液体を指先で拭き取ったり、ティッシュで頻繁に拭き取るのは良くない行為なんですよ。

まず、指で触ると細菌がついてしまうので、更なる悪化を招く可能性があるので、指で触るのは絶対にしてはいけない行動です。

この透明の液体の正体は、浸出液といわれる傷が治るために重要な物質がたくさん含まれている液体なんです。ですので必要以上にティッシュで拭きとりすぎるのも良くありません。

潰れた時の洗顔は慎重に!

黄ニキビを潰した、もしくは潰れてしまったという方は、「とにかく清潔にしなければ」という思いから、洗顔を頻繁にしてしまいたくなるかもしれません。

しかし、これも危険な行為なんです。

洗顔をすると、必要以上に肌の脂分が奪われ乾燥してしまうので、保湿ケアが必要になります。

一日に何度も「洗顔」→「乾燥」→「保湿ケア」を繰り返すと、肌への負担はものすごく大きくなります。

多くても洗顔は朝と夜の2回だけにとどめてください。

ここまでは間違った対処法を紹介しました。次に潰れた時の正しい対処法を紹介します。

唯一の正しい対処法

黄ニキビができてしまった時の正しい対処法はたった1つしかありません。非常に重要なことなんですが、めんどうな行為なので敬遠してしまいがちなんですよね。

その唯一の対処法とは、皮膚科に行くことです。

ニキちゃんニキちゃん

ネコにも皮膚科はあるのかな?

「黄ニキビができたぐらいで?」と安易に考えてはいけませんよ。黄ニキビは真皮層にまで達する肌の病気では重症といっていい状態なんです。

「たかがニキビごときで」などと考えないでくださいね。

よっぽど専門的な知識と解決法を熟知している人でも、病院の医療レベルを個人が有することはないため、ニキビ治療を得意とする皮膚科を受診して欲しいと思います。

黄ニキビになったら、とにかく皮膚科を受診する!

これを肝に銘じてください。

まとめ

黄ニキビができるまでの原因と潰れた後の対処法を紹介しました。

  • 黄ニキビは炎症が悪化して化膿した状態
  • 肌の深部(真皮層)までダメージを負っている
  • 黄ニキビは自分で潰してはいけない
  • 万が一潰れても患部は触らない
  • 必要以上に洗顔してはいけない
  • 唯一の正しい対処法は皮膚科に行くこと

とにかく黄ニキビまでニキビが悪化したら、自分でなんとかすることはできないと思ってください。もし潰れてしまったら、触らずに、洗顔する時も優しく洗うように心掛けてくださいね。

黄ニキビが発生したらすぐに皮膚科へ!

これだけは守ってください。それがニキビ跡に残さないための唯一の対処法だからです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で