ニキビを改善するはずのリンパマッサージでニキビができてしまった!もしくは悪化してしまった!という経験はありませんか?

ニキちゃんニキちゃん

マッサージの方法が間違っていたのかな・・・?


そんなふうに不安になったりしますよね。

ビバくんビバくん

でも、これ間違いではないビバ!

リンパマッサージをし始めてからニキビができてしまったというのは、じつはマッサージに効果があった証拠なんです。

じつはリンパマッサージによる『好転反応』というものが作用したことによってニキビができたり、悪化することがあるんです。

でも、なんだかよくわからない話ですよね。

ということで今回はリンパマッサージのやり方と、そもそもリンパとは何か、そして好転反応とは何かというのをご紹介します。

リンパとニキビの関係

口の周りやフェイスラインにできるニキビはリンパの流れを改善することによって、発生を抑えたり、ニキビを改善するのに効果的なんです。

頬やおでこにも効果はありますが、とくに顔の下部分にリンパが流れているため、口周りとフェイスラインへの効果が大きいということです。

リンパという言葉は聞いたことがあると思いますが、そもそもリンパとはいったい何なのでしょうか。

ビバくんビバくん

ネコにもリンパはあるビバ!

リンパとは何か

血液の成分の1つである「血しょう」の1部が血管から染み出して血管とは別の管であるリンパ管と呼ばれる部分に入りリンパ液というものになります。

ざっくりと役割を説明すると、血液が体中に栄養を運ぶことに対して、リンパ液は体中から毒素などを排出する役割を持っています。

水道でいうところの上水(=血液)と下水(=リンパ液)のように例えるとわかりやすいかと思います。厳密にはもっと様々な役割があるのですが、ここでは割愛させていただきます。

リンパの流れ改善でなぜニキビが治るのか

フェイスラインや口周りニキビを改善するうえで一番重要なことは、血液やリンパの流れを停滞させないことです。

なぜならフェイスラインには大きなリンパが通っていて、その流れが悪くなると老廃物がフェイスライン付近のリンパや血管に溜まり、皮脂線から排出される量が増えるからです。

この老廃物の過剰排出による毛穴汚れが原因で、ニキビが発生します。

したがって、リンパの流れや血液の流れを良くすることで、ニキビを治すことや予防することが可能となるのです。

それではどのようにしてリンパの流れを良くすればいいのでしょうか。それには今回の記事テーマでもあるリンパマッサージをするのが効率的で簡単なんです。

では、実際にやり方を見てみましょう。

リンパマッサージのやり方

リンパマッサージの手順
  1. 鎖骨の下を優しくさする
  2. 顎から耳の下あたりを優しくさする
  3. 耳の下から鎖骨のくぼみに向かって指を滑らせる

≪注意点≫
とにかく優しくソフトタッチでマッサージする!強く押し込むような刺激は絶対にダメ

このマッサージ方法に近い動画を探しましたので、リンクしておきます。

手順の解説

(手順1)

右腕を除く全身のリンパの流れが最終的に血管の静脈へ合流する地点が鎖骨の下あたりになります。鎖骨の下あたりを優しくほぐすことによって、リンパの出口をスッキリさせて詰まらないようにします。

これをやっておかないと、いくら顔のリンパを流しても鎖骨の所で詰まってしまいますので、必ず鎖骨の下を優しく揉みほぐしてください。

鎖骨の下を揉みほぐすことをリンパマッサージでは「鎖骨のリンパ節を空ける」という表現をするそうです。この行動がリンパマッサージのスタートとなることを意味しています。

顔へのマッサージ以外にも、足、お腹など、どの部位を行う時にも最初に鎖骨を空けるのがリンパマッサージのはじまりとなるわけです。

このとき、圧力をかけてグイグイと押さないように注意しましょう。とにかく優しく撫でるように揉みほぐすのがコツです。

皮膚のみに圧や刺激が伝わるくらいの「やさしい圧力」を目標としてください。

例えるなら、温泉に入ったとき、自然と手で肩から腕をなでたりする動作をすることがあると思うのですが、あのようなイメージでソフトな圧力が最適になります。

(手順2)

顔のリンパの終着点が耳の裏あたりにあります。そのため、アゴからフェイスラインに沿って耳の裏へとリンパを流していきます。

(手順3)

耳裏からフェイスラインと首筋を沿うようにして下へ進み、最終的には鎖骨のあたりに指を滑らせていきましょう。

顔のリンパは基本的に首から鎖骨へ流れるので、ソフトタッチをキープしながら、リンパを流していきます。

この時、フェイスクリームやオイルなどがあれば指の動きがよりスムーズになって効果的です。それらがなくても効果はじゅうぶんにありますので、気にするレベルではありません。あればなお良しといった感じです。

リンパマッサージの好転反応ってなに?

記事のはじめで「リンパマッサージの後にニキビができた経験はありませんか?」と質問しました。これは一見すると悪い傾向のように思えるかもしれませんが、じつは良い傾向にあるのです。

リンパマッサージの好転反応というもので、正しいマッサージをすることによって滞留していたリンパの流れが良くなり、老廃物がいっきに排出されることでニキビや肌荒れとして形になって現れたのです。

リンパマッサージが正しく機能したにも関わらず、好転反応のことを知らない人は「リンパマッサージでニキビが悪化した!」もしくは「ニキビができちゃった・・・」と勘違いしてしまうのです。

正しくは、リンパマッサージで老廃物がしっかりと排出されたためニキビとなって現れたのです。

ですので、リンパマッサージは継続させることに意義があります。しっかりとマッサージが効果的にできていたのに、この段階でやめてしまうのはもったいなすぎると言っても過言ではありません。

正しい方法で続けてくださいね。

まとめ

  • フェイスラインには大きなリンパが流れている
  • リンパとは血しょうの1部で毒素などを排出する役割がある
  • リンパの流れをよくすると老廃物がたまりにくいのでニキビ予防になる
  • リンパマッサージは鎖骨の下から
  • 鎖骨→アゴ→耳の下→鎖骨のサイクル
  • リンパマッサージは絶対にソフトタッチが原則
  • リンパの好転反応は老廃物が排出されるためニキビができることもある

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で