ニキビに悩む女性の多くは、「しっかりしたスキンケアがニキビ対策に良い」ということは、もちろん理解していると思います。

洗顔はニキビケアにおいて非常に重要なので、間違った方法で悪化させることがないように注意したいですもんね。

でも…ね。毎日そんなに落ち着いてゆっくりと自分の肌と向き合える時間って、なかなか作れないですよね。これが働く女性のホンネかと。

そんな忙しいあなたに向けて、お手軽だけど効果がしっかりあるニキビ対策の洗顔方法をご紹介します。

もちろん、時間を掛けておこなう正しい洗顔方法も合わせてご紹介しますね!

洗顔前の知識

ニキちゃんニキちゃん

なんだか皮脂で顔がテカテカしてきた。全部洗顔で落とさなきゃ!

ビバくんビバくん

ダメダメー!すべての皮脂を落とすのは良くないビバ!

よく勘違いしやすいのですが、洗顔は顔のすべての皮脂を落とすためにおこなうものではありません。

皮脂はもともと外部刺激から肌を守るために分泌されるものです。なので皮脂を全部とってしまうと肌はノーガードになってしまい、結果として余計に皮脂を分泌してしまいます。

洗顔は、汗・ホコリなどの汚れや余分な皮脂を落とすためにするべきなんです。

ですので長時間をかけて力強く擦ったりするような洗顔は、肌に対してもの凄くダメージを与えることになり、ニキビが悪化するだけなので逆効果になります。

ニキちゃんニキちゃん

げっ!知らなかった!

洗顔方法を知る前の心がけとして、洗顔はやり過ぎないということを意識してくださいね。

しっかり洗顔する方法

まずは正しい洗顔方法を紹介します。時間に余裕がある時はこちらの方法で洗顔してください。

基本的に、洗顔は朝と夜の2回のみにしてください。

わたしはまだ10代でどちらかというと脂性だ!という人はお昼にもおこない、1日3回でも良いかもしれません。でも、基本的には2回です。

手順

  1. 手を洗う
  2. ぬるま湯で顔を洗う
  3. 泡立てネットを使用し泡立てる
  4. 顔に泡を乗せて優しく洗顔する
  5. 約20回ほど、ぬるま湯ですすぐ
  6. 清潔なタオルを顔に押しあてるようにして水分を取る
  7. 化粧水や乳液で保湿ケアをする

①手を洗う

汚れた手で洗顔するのは、そのまま手の汚れを顔に移すことになり、ニキビを逆に悪化させる可能性があります。

手には細菌も多く付着するので、必ず石鹸やハンドソープで手を洗いましょう。

また、細菌が生息しやすい爪も可能なら短めに切っておくほうが良いです。
(洗顔のみならず、日常で無意識に顔を触った際にも、爪でニキビを刺激したりすることを防ぐことができますよ)

②ぬるま湯で顔を洗う

汗やほこりなどの汚れは、水で簡単に落ちるため、まずは5回ほどぬるま湯だけで顔をすすぐようにしましょう。

この時、なるべく手で直接顔を触ることがないように水を優しく顔に当てる感じで、すすぐようにしてください。

細かい水温を気にする必要はありません。少しだけ暖かいと感じる程度の温度で良いです。

季節によって蛇口から出てくる水の温度が違うので、手の感覚を頼りに温度を調節するようにしてください。

冷たすぎる水での洗顔は、肌が冷えることにより赤ら顔や乾燥の原因になる可能性もあります。

また、熱めのお湯だと皮脂を落とし過ぎてしまったり、お湯自体が刺激になったりと乾燥などの原因になるので、注意してください。

③泡立てネットを使用し泡立てる

泡立て作業は正しい洗顔方法でいちばん重要なポイントです。

泡を顔にのせてから指が直接肌に触れないように、とにかく泡をきめ細かく、できる限り多く泡を作りましょう。

ビバくんビバくん

100円ショップやドラッグストアで販売されている泡立てネットを使用すると簡単に泡が作れるのでおすすめビバ!

洗顔料は石鹸タイプのものがおすすめです。

まずは、泡立てネットを濡らして、洗顔石鹸をネットに付けて揉みこんでいきましょう。

泡ができ始めたら石鹸を置き、ネットを持つ反対の手で水をすくい、指先から垂らすようにしてネットに水を追加していきます。

そしてネットだけを優しく回しながら泡を増大させていくときめ細かい泡が作れるようになります。

泡の作り方は文章で読むよりも、動画でサクッと見てしまったほうが早いかもしれません。ご参考にリンクしておきます。

④顔に泡を乗せて優しく洗顔する

泡は顔についた瞬間から勝手にどんどん汚れを吸着してくれるので、たくさん作った泡でゴシゴシ洗っていくのではなく、基本は泡を顔に乗せるだけで良いです。

ビバくんビバくん

指が顔に直接触れないように、肌の表面で泡を滑らせるだけでOKビバ!

洗顔料には界面活性剤が含まれているため、肌に触れている時間は短い方が刺激にならないので良いため、顔全体に泡が行き渡ったら、すぐにすすぎに移行しましょう。

とにかくゴシゴシ擦らないことと、泡を付着させる時間を短くすることが重要になります。

⑤約20回ほど、ぬるま湯ですすぐ
洗面器にぬるま湯をため、手で水をすくって手の平を顔に近づけます。

シャワーで洗い流したり、水を顔に叩きつけたり、バシャバシャと擦ったりしないで、ぬるま湯を優しく付けるようなイメージで20回ほどすすぎましょう。

さらに、洗面器のぬるま湯は、3回ほど取り替えるようにしましょう。

ニキちゃんニキちゃん

めんどくさっ!


ビバくんビバくん

まぁ、そう言わずに…

すすぐことにより、洗顔料が落ちて洗面器の中の水が汚くなるため、面倒ですが替えるようにしてください。

すすぎ残しが原因でニキビができたり、肌が荒れたりすることもあるので、泡が少しも残らないように、しっかりすすぐように注意しましょう。

特にあごや髪の生え際は汚れが残りやすいので、注意が必要です。鏡を見て、すすぎ残りを確認しながらしっかりとすすぐようにしましょう。

すすぎの際にも手や指が直接、顔に触れないように心掛けましょう。

また入浴の際に洗顔をする人は、シャワーの水を直接顔に当てることは絶対にしてはいけません。肌に対して、すごくダメージを与えることになります。

⑥清潔なタオルを顔に押しあてるようにして水分を取る

タオルは洗濯して乾いた後の未使用タオルを使うのが良いです。

タオルを顔に当てて、水分だけを吸着するように優しく押し当てるようにしましょう。

ビバくんビバくん

ゴシゴシこするのは絶対ダメビバ!

⑦化粧水や乳液で保湿ケアをする

洗顔後の肌は、皮脂が少ない状態になっていて、化粧水や乳液・美容液の成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。

洗顔後は、肌の表面を外部刺激から守るバリアの役目をしてくれる皮脂の働きが弱くなっている状態なので、保湿ケアをしないで放置しておくと、肌は乾燥を防ぐために皮脂をたくさん分泌させようとしてしまいます。

洗顔後はすぐに保湿ケアをするようにしましょう。

ポイントだけ押さえて上手に洗顔

どうしても忙しいから、正しい洗顔方法なんて実践できない!というあなたは、これから紹介する簡易洗顔方法を試してください。

基本的には先に紹介した正しい洗顔方法の中で重要なポイントをやればいいだけです。

その際、朝は洗顔料を使わずに水だけで、夜は洗顔料を使って洗顔するというのが簡単かつ間違いの少ない洗顔方法になります。

それでは手順をご紹介します。

朝の簡易洗顔手順

  1. 手を洗う
  2. 顔を洗う
  3. 清潔なタオルを顔に押しあてるようにして水分を取る

①手を洗う

ここは基本中のことなので省かないようにしてください。

②顔を洗う

ぬるま湯を使うのが面倒な方は水でオッケーです。ただし、冬場は冷たすぎるので水じゃないほうが良いです。

ここでは、手で直接顔を触ることがないようにすることだけがポイントになります

③清潔なタオルを顔に押しあてるようにして水分を取る

ゴシゴシこすらずに優しく水分を吸着して拭きましょう。

朝の忙しい時間だからという理由でバシャバシャ顔を洗ったり、ゴシゴシとタオルで顔をこすることがないように、ひとつひとつの動作を優しくおこなってください。

夜の簡易洗顔手順

  1. 手を洗う
  2. 顔を洗う
  3. 泡立てネットを使用し泡立てる
  4. 優しく洗顔する
  5. 少し多めにすすぐ
  6. 清潔なタオルで水分を取る
  7. 化粧水や乳液で保湿ケアをする

①手を洗う
まずはこの動作から、意外と忘れがちですので、手を洗うことは徹底してください。

②顔を洗う
ポイントはやはり手で直接顔に触れないことです。ぬるま湯か水かは気にしなくてOKです。

③泡立てネットを使用し泡立てる
ここだけは外せませんので、泡立て作業はしっかりと行ってください。

④優しく洗顔する
泡を顔につけるだけでOKです。洗うという動作は必要ありません。泡に顔をうずめるだけという感覚でいいです。ここでも顔と手が触れないように意識してください。

⑤少し多めにすすぐ
やさしく丁寧にすすぐようにします。ここでもなるべく顔に触れないようにしましょう。

⑥清潔なタオルで水分を取る
タオルは清潔なものを使用してください。そして擦らずに優しく水分をとりましょう。

⑦化粧水や乳液で保湿ケアをする
化粧水や乳液・美容液でのケアは重要ですので、ここは省略できません。

まとめ!洗顔も楽しく!

正しい洗顔方法を絶対に毎日やらなきゃいけないと意気込んでしまったり、肩に力を入れてしまったり。

これってすごくプレッシャーになったり、おっくうなことですよね。

そうやってメンタルに負担が掛かるのがニキビにはいちばん悪いので、あまり気構えずに毎日楽しく洗顔してもらえれば良いと思います。

忙しいなら、手抜きしたって良いと思いますよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で