ニキちゃんニキちゃん

ビバ君!クラリスっていう薬について教えて!


ビバくんビバくん

わかったビバ!クラリスは皮膚科で処方されることがある抗生物質ビバ!


ニキちゃんニキちゃん

これも抗生物質なのね!ルリッドと同じ?


ビバくんビバくん

ルリッドとほとんど同じだけど、違う点もあるビバ!詳しく解説するビバ!

皮膚科を受診すると、すごく高い確率で塗り薬と飲み薬をセットにして処方されますよね。

その飲み薬の代表が抗生物質という薬です。抗生物質には細菌を死滅させる役割があり、医療では広く取り入れられている薬です。

今回はその中でも『クラリス』という薬を取り上げたいと思います。

皮膚科で処方されたクラリスという抗生物質を使用するのは、ニキビ治療に対して、はたして有効なのでしょうか?

抗生物質クラリスを飲む前に知っておきたい効能や副作用などを紹介します。

一緒に詳しく見ていきましょう。

抗生物質クラリスの効能と使用方法

クラリスには細菌のタンパク質合成を防ぎ、細菌増殖を抑えることにより様々な炎症を抑える働きがあります。

つまり、赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビに対して有効な薬と言えます。

赤ニキビなどのニキビの種類がわからない場合は、こちらの記事も合わせて確認してみてくださいね。

細菌のタンパク質合成を防ぐってなに?
細菌は、人間と同じで生きるためにタンパク質を作ります。その行為を「タンパク質合成」といいます。

抗生物質によって、細菌のタンパク質が生成される部分の働きを停止させることにより、細胞を壊します。

使用方法

1日2回、1回あたり1錠で、使用期間は1週間が目安です。

妊娠中や授乳期、子供やお年寄りの方は、必ず医師の指示に従ってください。

さすがにその時期の人は皮膚科で処方されることはないと思いますが、皮膚科医も人間です。間違いがあるかもしれませんので、自分の身は自分で守るという意識をもつことが大切になります。

クラリスの副作用は?

クラリスには副作用があり、内服薬の中でも副作用症状が出る確率が高いとされています。

以下のような症状がありますので、注意しましょう。

クラリスの副作用
  • 発疹
  • 下痢
  • 吐き気
  • 胃痛

クラリスを使う前の注意点

クラリスをはじめとした抗生物質によるニキビ治療で覚えておいてほしいことがあります。

抗生物質は、慢性的にニキビができる人は使用しないほうが良いということです。クラリスは、炎症をともなうニキビが突発的にできてしまった人には効果があるのかもしれません。

あくまでも「突発的に」という部分が重要です。ニキビが慢性的にできる人は、クラリスをはじめとした抗生物質の薬を飲むことは避けた方が良いでしょう。

また、クラリスに限らず抗生物質を長期間に渡って服用し続けると、耐性菌という薬に対しての免疫となる菌が体の中で生成されてしまうことがあります。

耐性菌とは、継続的に抗生物質の攻撃にさらされた細菌が、その攻撃から身を守るために学習して防御するようになることです。

結局クラリスを使用するのはあり?なし?

抗生物質のクラリスをニキビに治療として服用することには、何のメリットもないから避けた方がいいとわたしは思います。

慢性的ではなく、突発的にニキビができた人が皮膚科へ行き、抗生物質をもらったとしても、その薬がクラリスであれば違う皮膚科を受診することをオススメします。

少し厳しい言い方になりますが、処方箋でクラリスを出すような皮膚科だけは絶対に信用しちゃダメ!だと思います。

それぐらいに抗生物質クラリスはニキビとの相性が悪いです。

まとめ

  • クラリスは炎症をともなうニキビにのみ使用しても良い
  • 慢性ニキビでお悩みの方は使用してはいけない
  • 1日に2回、1錠の服用が基本で、服用を始めたら医師の指示に絶対従う
  • クラリスは副作用が強い
  • 発疹や下痢などの副作用が起こる可能性が高い
  • ニキビ治療との相性が悪い

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で